MENU

産後の黒ずみ・そばかすはなくせるの?

赤ちゃんを産んだ後、今までなかったシミやそばかす、或いはくすみが気になるようになった女性は多いです。
実は、妊娠出産を機にしみそばかすが出来やすくなってしまうのです。

出産後も女性であり続けたいという全ての女性の為に、出産を機に持ってしまった「肌の黒ずみ」「そばかす」「乳首の黒ずみ」といった悩みをを効果的に解消していく方法を紹介していきます。
※特に乳首の黒ずみを解消したい方はこちらをみてください。ページ下部に飛びます。
⇒産後の乳首の黒ずみ解消方法

産後に黒ずみやそばかすが出来る理由

皆さんは何故産後に黒ずみやそばかすが出来るのかをご存知ですか?
産後の肌の悩みには女性特有の2つのホルモンが大きく関係しています。

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)
妊娠や出産により、ホルモンバランスが大きく変わり乱れます。
ホルモンの中でもエストロゲンという美肌効果絶大の女性ホルモンは、赤ちゃんを産むことでエストロゲン分泌が激減してしまい、肌のコンディションが悪くなってしまうのです。
エストロゲンが沢山分泌されているとコラーゲンやエラスチンが生成されもちもちお肌になるのはもちろんのこと、老化の原因である活性酸素が抑制されるのでアンチエイジング効果も期待できます。

しかし、出産をきっかけにそんなエストロゲンが激減してしまうことでお肌ではすべて逆のことが起こってしまいます。
エストロゲンの減少によってお肌の生まれ変わりであるターンオーバーも正常に行われなくなり、お肌の基礎体力が低下してあらゆる肌トラブルの原因となります。
お肌の状態が悪いため黒ずみやシミ、そばかすもできやすくなってしまうのです。

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)
妊娠中の女性の体は、プロゲステロンという女性ホルモンが沢山分泌される状態にあります。
このプロゲステロンはお腹の中の赤ちゃんの成長にとってとても大切な働きをします。胎児の入っている胎盤を作り、子宮の筋肉の動きを調整したりします。

そんな大切なプロゲステロンですが、実はメラニン生成にも大きな関わりを持っています。
メラニン色素を作るメラノサイトを活性化させる働きもあるので、妊娠中シミやそばかすが新しくできたり、今まであった黒ずみやシミが濃くなったりするのです。
そして出産後、それが定着してしまい今後のお母さんを悩ませる存在となります。


産後の黒ずみ・そばかすの美白ケア

産後には以前と大きく体質が変わることが多くあります。
これは女性ホルモンが大きく関わっており、妊娠中から始まったホルモンバランスの乱れが出産後も続いてしまうのが理由です。
ホルモンバランスの変化が戻りきらないと肌のバリア機能が低下して、肌質がとても敏感になってしまいます。

その為、出産前使っていたお肌のケアアイテムを産後に使ってかぶれてしまった、赤くなってしまった、痒くて仕方がない、ということが起きてしまうのです。
以前より、デリケート肌に変化してしまったなら、また1からスキンケア選びしていかなければなりません。

出産後の美白化粧品の選び方と使い方
産後の黒ずみやそばかすの美白に必要なことは、プロゲステロンの働きによって生成される新しいメラニン色素を生み出さないことです。
なので、基本的には紫外線からのダメージを受けないようにすることと、美白化粧品を用いてメラニン生成を抑えること。弱った肌を元の状態に戻してあげることが大切です。

なので、出産後は敏感肌にも対応可能な優しい成分のスキンケア商品を選ぶようにしましょう
天然由来のものには添加物の入っていないもの、オーガニックなどもおすすめです。

カモミラETや甘草エキスなどは美白効果があるうえに抗炎症作用もあり、紫外線対策ばっちりの成分だと言えるでしょう。
もちろんお肌にも優しいので、安心して使えます。

セラミドやヒアルロン酸は保湿性が高いため乳液やクリームに配合されていると、より皮膚のバリア機能を守れます。
自然由来の優しい成分が使われている美白ケア化粧品でも自分に合うか合わないかは使ってみなければ分からないので、まずは二の腕の内側などの柔らかい皮膚でパッチテストしてみると失敗がなくなるのでオススメです。

産後の乳首黒ずみケア

出産してびっくり!乳首や乳輪が前より黒くなってしまったという女性はとても多いです。
これは特別なことではなく、女性ホルモンの変化によりメラニン生成が活発化して、色素沈着しやすい乳首や乳輪の色が濃くなってしまうのです。

メラニンが乳首や乳輪に集まることで、出産後赤ちゃんがママのおっぱいに吸い付いた時の角質ダメージを軽減する働きもあります。
体の不思議で、乳首や乳輪が黒くなってしまうのはそれを予期した上での防護策とも言えるでしょう。
また、生まれたての赤ちゃんは目がほとんど見えないので、見えやすいよう黒くなると言う説もあります。何にしても乳首や乳輪の黒ずみは、赤ちゃんを産むにあたり避けられないことなのです。

でも諦める必要はありません。
適切な乳首のスキンケアで、黒ずんだ乳首の色を元に戻すことが可能です。

効果的な産後の乳首ケアはどんな方法?
黒ずみ美白クリームで集中的に乳首ケアしましょう。
お風呂上りに塗ると美容成分が浸透しやすいです。乳首専用のクリームではなくても、敏感肌専用美白クリーム等も使えます。
デリケートなところなので、敏感肌専用の商品を選ぶのがポイントです。

ただ、授乳中であれば赤ちゃんへの影響が気になるので、美白成分の入っているボディソープがおすすめです。
本格的な乳首の黒ずみ美白ケアは授乳終了後となってしまいますが、産後は大忙しで乳首ケアにまでなかなか意識が回らないかもしれません。
しかし、乳首の黒ずみは放置しておくと色素沈着が固定してしまいして元に戻らなくなってしまうので、産後すぐのケアが重要だと言うことを頭に入れておきましょう。

体の内側からする黒ずみ・そばかすの対策方法

食事の面でも美白ケアやシミ予防が可能です。
ビタミンは美白効果が大変高いので、野菜中心の生活をするといろいろなビタミンが摂取できます。
例えばビタミン C はメラニン色素沈着を緩和するので直接的なシミ予防になりますし、ビタミンAは新陳代謝が活発化するのでお肌の基礎力がアップします。
ビタミンを意識して料理に取り入れることで自然とヘルシーな食事となり、産後のダイエットにも効果的です。
美白にもなれてダイエットにもなって、さらには体にも良い美白成分の含まれている化粧品を使いながら、体の内側から作る綺麗も意識するようにしましょう。

産後の黒ずみ・そばかすを無くすために必要なこと

黒ずみやそばかす、シミを無くすにはメラニンの生成を抑えることが第一です。
その理由は、産後の女性の身体は肌の調子元に戻れば自然と黒ずみやそばかすを消すことが出来るから。

すぐに効果の出る黒ずみやそばかすを漂白する成分に頼りたくもなりますが、そのような強い成分に頼る必要はありません。
今からできる黒ずみやそばかすを無くすだけであなたの肌は自然と美白に近づいていきます。