MENU

顔のシミ・くすみ対策に使いたいのはこれ!

年齢を重ねると共にどんどん現れるシミやくすみ。
美白化粧品を使ってケアはしているけど、なかなか効果が現れずに不安になっていませんか?

人間の身体は不思議なもので、年齢を重ねると若い頃のように肌の生まれ変わりがうまくいかなくなってしまいます。
その為、若い頃のような美白ケアの仕方ではシミやくすみ対策として不十分なのかもしれません。

年齢にあわせたシミ・くすみ対策を一緒に確認していきましょう。

10代・20代に必要なシミ・くすみ対策って何?

今では小学生・中学生でも化粧をし、自分を可愛く・キレイに見せる努力をする時代になりました。
しかし、10代の前半から行うのは、本来あまり良いことではないと耳にすることも多いと思います。

でも、こと美白に関しては10代からしっかりとしておくことで将来のシミ・そばかす・くすみを防ぐことが出来ます。

10代・20代の方に必要な美白は、日焼けを防ぐ「紫外線対策」のみで十分です。
これは、若いうちは肌の代謝が良いので、仮にシミ・そばかす・くすみができても色素が定着する前に自然と無くなっていく為です。

特に注意して紫外線対策を行って欲しいのは「顔」。
近年、紫外線の強さは以前と比べてどんどん強くなっています。
その為、紫外線の脅威は夏のみならずその他のシーズンにも襲い掛かってくるのです。
一年を通して日に当たる部分だからこそ、今後シミやくすみ、そばかすができやすい部分ですし、作らない為には紫外線対策が鍵を握っているのです。
(化粧をしている方は化粧下地やファンデーションをUVカットのものを使ってください。理想は日焼けを防ぐクリームを塗ることですが、化粧をしていると塗ることが出来ないので。。。)

紫外線対策だけで十分とは言いましたが、美白化粧品を使った美白ケアを行ってはいけないということではありません。
むしろシミやくすみを防ぐだけなら使ったほうが、今後の予防にもなりますので、「美白」という概念だけで言ったら使ったほうが望ましいといえます。
しかし、若い頃は外に出る機会が多くあるので外によく出る方は美白クリームの多用は避けたほうが良いかも知れません。。。

※美白化粧品はメラニンの生成を抑える効果があります。
メラニンは必要最低限肌に必要なものなので、使い方によっては肌にトラブルを起こしてしまうことがあるので注意が必要です。
10代、20代で顔の美白を美白化粧品で行うことを考えている方は、美白化粧品の注意点についてこちらで詳しく解説をしているので一度ご覧ください。
⇒美白化粧品の注意点

30代からのシミ・くすみ対策

30代を越えたあたりから肌の調子が。。。
と悩んでいる方も多いと思います。

実はこれ、肌のターンオーバーの周期がどんどん遅くなってるからなんです。
その為、効果的に美白を行う為には、早い段階からの美白ケアが鍵を握っています。
30代を超えて美白を意識している方は、1日でも早く美白ケアを行うことがおすすめです。

30代から行いたい美白ケアは、日中の「紫外線対策」と「夜のスキンケア」の2点です。
特に力を入れて欲しいのが夜のスキンケアの部分です。

若い頃は多少肌にシミやくすみが出来ても1、2ヶ月もすればすぐに色の付いた部分が無くなっていきます。
しかし、30代からの肌はそうは行きません。
肌の代謝の周期がどんどん遅くなっていく為、いつか無くなっていくだろうと悠長に構えている暇は無いのです。

出来てしまったシミやくすみに大してはこれ以上濃く・広がらないようにメラニンの生成を抑えてあげる必要があります。
また、これから出来るシミ・くすみの対策もしていかなければいけません。

これら2点を行うことが出来るのが美白化粧品となっているのです。
※美白化粧品には2種類あります。
メラニンの生成を抑えるタイプとメラニン色素に働きかけてシミやくすみを漂白するタイプ。
美白と聞いて後者を思い浮かべる方が多くいると思いますが、ほとんどの美白化粧品は前者の働きで肌を白くする効果があります。

30代・40代以降の方でシミやくすみで悩んでいる方の多くは、シミやくすみ以外の肌トラブルにも悩まされていると思います。
その為、肌を漂白するような強い成分を使ってしまうと、肌荒れや乾燥を助長してしまう恐れがあります。

そんな方は敏感肌や乾燥肌でも問題ない優しい成分で出来ている美白化粧品を使用することをおすすめします。